ゾイド フィールド・オブ・リベリオン(ゾイドFOR)攻略まとめ速報

ゾイドFOR:サラマンダー

ゾイド フィールドオブリベリオン(ゾイドFOR):サラマンダー

ZAC2031年の中央大陸戦争初期にヘリック共和国軍が開発した翼竜型ゾイド。ゾイド史上初の巨大飛行ゾイドでかつ戦闘爆撃機で、誕生当時「アイアンウイング」の通称でゼネバス帝国軍から恐れられ、中央大陸戦争全期を通して最強の飛行ゾイドであった。
主翼のマグネッサーファルコンウイングはマッハ2.0の最高飛行速度を叩きだし、巨体に似合わず旋回性能も良好かつ空中戦をも得意とする。1万5000kmの航続距離に加え、高度3万m以上の上昇高度は圧倒的であり、更にその高度から目標への精密爆撃をこなす性能の他、空中戦装備も充実し、敵のミサイル攻撃も対ミサイル用ミサイルでインターセプトする迎撃能力を有した。爆撃後は火炎放射器やバルカンファランクスで地表の敵にトドメをさす戦法も得意とする[7]。中央大陸戦争においては共和国軍が制空権を握った立役者となった。
群を抜いた爆弾積載量を誇り、大量配備さえ可能であればサラマンダーだけで戦争を勝利に導く力を持つと言われる。しかし、元々個体数が少ないゾイド故に量産は不可能とされ、ZAC2056年の惑星Zi大異変後は絶滅寸前にまで減少してしまった。
第二次大陸間戦争期にも大量生産は不可能だが、暗黒大陸上陸作戦に備えて、ZAC2101年に再配備された。新たに「超爆竜」の異名を持った。ネオゼネバスとの戦い以降は、大多数の機体が損失している。

 
 
 
っていうかこの翼でどうやって飛ぶんでしょうか。。

コメントを残す

サブコンテンツ

PageTOP