ゾイド フィールド・オブ・リベリオン(ゾイドFOR)攻略まとめ速報

ゾイドFOR:ジェノザウラー

ゾイド フィールドオブリベリオン(ゾイドFOR):ジェノザウラー

「虐殺竜」の異名を持つガイロス帝国のティラノサウルス型大型ゾイド。初めてオーガノイドシステムを搭載した機体である。
ガイロス帝国軍ではティラノサウルス型野生体を採用した新型ゾイド「プロトレックス」を兼ねてより開発していた。しかし、野生体をベースとしたゾイドはパイロットとのシンクロ率に制御が依存し不安定化するデメリットを持っていたため、デスザウラー復活計画で得られたオーガノイドシステム(OS)の一部を実験的に導入し、闘争本能を刺激し強制的に安定させる措置を施した。
さらにはデスザウラーの開発データや旧ゼネバス帝国亡命技術者が遺したノウハウをも取り入れ完成したジェノザウラーはOS搭載機ならではの活性化したゾイド核による生命力・パワーによって従来の同クラスゾイドを凌駕する戦闘力を獲得した。
その格闘性能はレッドホーンGCの重装甲を一撃で粉砕する水準に達し、頑強な装甲と高い機動力を両立するホバリング移動能力を有することでセイバータイガーAT以上のスピードと至近距離からのビーム砲火さえも回避する反射神経さえ併せ持つ。
さらには最大の兵装として口腔内に装備した集束荷電粒子砲を持ち、連射が効かない点や破壊力こそデスザウラーに及ばないものの中型ゾイドなら一撃で蒸発させるほどの威力を持つ(この荷電粒子砲を発射するため、本機では従来の同装備採用機体とは異なり、口腔内にバレル状の集束リングを持つとともに、姿勢固定と尾部の放熱フィン及び脚部アンカーを展開する発射形態を導入している)。
初期に生産された先行型はテスト・実戦において高い成績を残したものの、OSが未調整である故、その高性能の代償として搭乗者への精神的ダメージが大きく、負荷に耐えられるのはエースパイロットの中でも10人に1人という極めて操縦が困難な機体となった。また、OSの搭載を前提に設計したため、システム無しでは機体のバランスが崩れてしまう弊害も発生したため、後に生産された量産型ではOSにリミッターを設定し、戦闘能力の低下と引き換えにより操縦性・安定性を高めている。

コメントを残す

サブコンテンツ

PageTOP